具体的な流れ

母子手帳それでは、実際にB型肝炎に感染している方が給付金を受け取るためにどのような手続きを進める必要があるのかということですが、まずは必要書類を収集しなくてはなりません。二次感染者だと母子手帳などが必要となりますし、病状を証明するための書類を医療機関から集めなくてはいけないのです

必要な書類が集まると次は裁判所への提訴となります。訴状を作成し、収集した書類などを証拠として裁判所に提出し裁判を起こすことになります。簡易的な裁判となりますが、提訴から和解までにかかる期間は1年程度になることが多い傾向にあります。長い場合だと一年以上かかることもありますから覚えておきましょう。

裁判により和解が成立したとなると給付金を受け取ることができます。給付金を受け取るときも所定の手続きがありますからそれに沿って手続きをしなくてはなりません。このように、B型肝炎の給付金を受け取るまでにはそれなりの手間と時間がかかってしまいます。この時間と手間が惜しいからと給付金請求の手続きをしないような方もいますがそれはあまりにももったいないです。時間と手間の問題を解決する方法もありますから、次からはその方法についてお伝えしたいと思います。最後に弁護士との相談について説明します。

Pocket