受け取れる人とは

先ほどすでに少しお話しましたが、B型肝炎の給付金を受け取ることができるのは一時感染者と二次感染者、遺族となっています。一時感染者の場合は対象期間に集団予防接種を受けてB型肝炎に感染していることが明らかになっている場合に給付金受け取りの対象となりますが、あくまで持続感染であることが条件となっています。

母子感染二次感染者の場合も二次感染者であることを証明しなくてはなりません。一時感染者である母から母子感染によってB型肝炎に感染した方で、原告の母親が一時感染者としての要件をすべて満たしていることが第一の条件となります。また、原告がB型肝炎ウイルスに持続感染していることも条件となりますし、母子感染であることも証明しなくてはなりません。

遺族の方の場合も給付金を受け取る権利はあります。B型肝炎に感染してしまいそのまま亡くなってしまった方もたくさんいますし、そのような方の代わりに遺族が給付金を受け取ることは可能です。ただ、そのためには給付金請求の訴訟を起こす必要があります。亡くなっているからと諦めている方も多いかもしれませんが、遺族の方が給付金を受け取った例はたくさんありますし、決してあきらめる必要はありません。諦めずに請求しましょう。

Pocket