B型肝炎の給付金

B型肝炎という言葉を聞いたことがある方は少なくないでしょう。テレビやラジオなどのメディアでもよく取り上げられていますし、誰でも一度や二度くらいはこの言葉を耳にしたことがあるはずです。B型肝炎に感染している方は給付金を受け取ることもできるのですが、すべての方が対象になるわけではありません。では、いったいどのような方がB型肝炎給付金の受け取り対象になっているのでしょうか。

注射器の針給付金を受け取れる方は一時感染者と二次感染者、遺族の方となっています。一時感染者というのは昭和23年の7月から昭和63年1月27日までのあいだに集団予防接種を受け、それによってB型肝炎ウイルスに持続感染している方となります。この期間がどういった期間かというと、集団予防接種などで注射器の針を使いまわしていた時代です。それによってB型肝炎の感染者が増えてしまいましたから、国はその過失を認めて給付金の支払いをしているのです。

このサイトでは、B型肝炎に感染している方が給付金を受け取るためにどのような手続きをしなくてはいけないのかといったことについてまとめてみました。また、具体的にどのような方が給付金を受け取る権利があるのかについても記載していますから参考にしてください。実際にこれから行動を起こす場合には何から始めたらいいのかについても明記していますので、B型肝炎に持続感染している方、心当たりがある方はこのサイトを最後まで読んでください。

Pocket