弁護士に相談する

B型肝炎の給付金を受け取るには簡易な裁判を起こす必要があります。すべての手続きを自分で行うことも当然可能ではありますが、現実には相当な手間と時間もかかってしまいます。そこでおススメしたいのが弁護士への相談です。裁判と言えば弁護士の領分ですし、B型肝炎給付金の手続きなどに強い弁護士もいますからまずはそのような弁護士に相談することから始めてみましょう

B型肝炎給付金問題に詳しい弁護士なら相談にも乗ってくれますし、どのようにして手続きを進めていくかについても詳しく説明してくれます。必要な書類の集め方についてもアドバイスを貰えるでしょうし、裁判所への提訴についてもすべて弁護士が手続きをしてくれます。訴状の作成から証拠書類の提出まですべて一括して任せられるのはメリットと言えるでしょう。

給付金の請求や受取に関しても弁護士が行ってくれます。つまり、給付金の受給資格がある方は特に何もしなくて大丈夫ですし、弁護士に依頼すればあとはすべて弁護士が手続きから給付金の受け取りまで済ませてくれるということです。そのため、現在では給付金の請求はほとんど弁護士に依頼するというケースがほとんどです。まずは相談してみましょう。

Pocket

具体的な流れ

母子手帳それでは、実際にB型肝炎に感染している方が給付金を受け取るためにどのような手続きを進める必要があるのかということですが、まずは必要書類を収集しなくてはなりません。二次感染者だと母子手帳などが必要となりますし、病状を証明するための書類を医療機関から集めなくてはいけないのです

必要な書類が集まると次は裁判所への提訴となります。訴状を作成し、収集した書類などを証拠として裁判所に提出し裁判を起こすことになります。簡易的な裁判となりますが、提訴から和解までにかかる期間は1年程度になることが多い傾向にあります。長い場合だと一年以上かかることもありますから覚えておきましょう。

裁判により和解が成立したとなると給付金を受け取ることができます。給付金を受け取るときも所定の手続きがありますからそれに沿って手続きをしなくてはなりません。このように、B型肝炎の給付金を受け取るまでにはそれなりの手間と時間がかかってしまいます。この時間と手間が惜しいからと給付金請求の手続きをしないような方もいますがそれはあまりにももったいないです。時間と手間の問題を解決する方法もありますから、次からはその方法についてお伝えしたいと思います。最後に弁護士との相談について説明します。

Pocket

受け取れる人とは

先ほどすでに少しお話しましたが、B型肝炎の給付金を受け取ることができるのは一時感染者と二次感染者、遺族となっています。一時感染者の場合は対象期間に集団予防接種を受けてB型肝炎に感染していることが明らかになっている場合に給付金受け取りの対象となりますが、あくまで持続感染であることが条件となっています。

母子感染二次感染者の場合も二次感染者であることを証明しなくてはなりません。一時感染者である母から母子感染によってB型肝炎に感染した方で、原告の母親が一時感染者としての要件をすべて満たしていることが第一の条件となります。また、原告がB型肝炎ウイルスに持続感染していることも条件となりますし、母子感染であることも証明しなくてはなりません。

遺族の方の場合も給付金を受け取る権利はあります。B型肝炎に感染してしまいそのまま亡くなってしまった方もたくさんいますし、そのような方の代わりに遺族が給付金を受け取ることは可能です。ただ、そのためには給付金請求の訴訟を起こす必要があります。亡くなっているからと諦めている方も多いかもしれませんが、遺族の方が給付金を受け取った例はたくさんありますし、決してあきらめる必要はありません。諦めずに請求しましょう。

Pocket

B型肝炎の給付金

B型肝炎という言葉を聞いたことがある方は少なくないでしょう。テレビやラジオなどのメディアでもよく取り上げられていますし、誰でも一度や二度くらいはこの言葉を耳にしたことがあるはずです。B型肝炎に感染している方は給付金を受け取ることもできるのですが、すべての方が対象になるわけではありません。では、いったいどのような方がB型肝炎給付金の受け取り対象になっているのでしょうか。

注射器の針給付金を受け取れる方は一時感染者と二次感染者、遺族の方となっています。一時感染者というのは昭和23年の7月から昭和63年1月27日までのあいだに集団予防接種を受け、それによってB型肝炎ウイルスに持続感染している方となります。この期間がどういった期間かというと、集団予防接種などで注射器の針を使いまわしていた時代です。それによってB型肝炎の感染者が増えてしまいましたから、国はその過失を認めて給付金の支払いをしているのです。

このサイトでは、B型肝炎に感染している方が給付金を受け取るためにどのような手続きをしなくてはいけないのかといったことについてまとめてみました。また、具体的にどのような方が給付金を受け取る権利があるのかについても記載していますから参考にしてください。実際にこれから行動を起こす場合には何から始めたらいいのかについても明記していますので、B型肝炎に持続感染している方、心当たりがある方はこのサイトを最後まで読んでください。

Pocket